株式会社テック技販

language

日本語

English

鹿屋体育大学 スポーツパフォーマンス研究棟

2015.09にスポーツを科学的に検証する施設が鹿屋体育大学に完成し竣工式が行われました。
この施設の主な設備の一つに、弊社のフォースプレートが多く使われており
中でも50m走行路に50枚のフォースプレートを並べたシステムは世界でも類を見ない大型シス
テムです。そのシステムのご紹介を竣工式典と合わせてご紹介します。

鹿屋体育大学 スポーツパフォーマンス研究棟

      竣工式の様子
        


 〜 システムのご紹介 〜
  陸上競技用フォースプレートシステム                                                               

    50m走行路に設置された50台のフォースプレートとスターティングブロックが取付可能な
     スタート用フォースプレート4台を計測するシステムです。
   全ての計測データを集中中継盤で処理することで、走行中は何処を踏んでも6分力荷重として
    出力される機能が備わっています。 
    陸上競技用フォースプレートシステム

        
          【スタート用フォースプレート】                           【50m走行路用フォースプレート】                                               【使用風景(竣工式)】
            各スターティングブロックと両手を                    推進方向1m(横0.9m)のフォースプレートを50枚設置
                 地面につく箇所にもにフォースプレ                  しています。
                 ートを設置しています。                                  フォースプレートを個別に計測する事も可能です。
                                                                       



   野球用フォースプレートシステム                                                                   
    ピッチャーマウンドとバッターボックスにフォースプレートを設置したシステムです。
    ピッチャーフォームやバットスイング時の力学的解析が行えます。
    また、ピッチャー側とバッター側は同期しているので、ピッチャーとバッターの駆け引き
    時の足の運びや重心動揺を計測することも可能です。
    野球用フォースプレートシステム

     
       【ピッチャーマウンド用フォースプレート】                                     【使用風景(竣工式)】
              投球フォーム上に3枚+その左右に3枚×2
              の計9枚のフォースプレートを設置しています。

      
       【バターボックス用フォースプレート】                                         【使用風景(竣工式)】
              左右のバッターボックスにそれぞれ前後2枚
              の計4枚のフォースプレートを設置しています。

Page Top