株式会社テック技販

language

日本語

English

製品情報

無線トリガユニット

image

仕様

送信機

型式 WTRC-T
トリガ出力 1系統2配分
 a.有線トリガ出力 ・・・ TTL正論理/TTL負論理/接点 (SWによる切替)
 b.無線トリガ出力 ・・・ 赤外線送信(送信距離10m程度)
有線トリガ出力コネクタ BNCコネクタ
無線-有線トリガ間出力時間差 ±1msec以下
使用温度範囲 0〜50℃
電源 単3形乾電池 × 2本
外形寸法 66.5(W)×92.0(D)×28.4(H)mm (突起部含まず)

受信機

型式 WTRC-R
トリガ出力 接点(プルアップ抵抗付のみ対応)
使用温度範囲 0〜50℃
電源 ボタン電池 CR2032
信号待ち受け時間 連続10日 保存時1年程度
外形寸法 40(W)×62(D)×16(H)mm (突起部含まず)

●トリガ出力ケーブルについては、ご相談下さい。
●トリガ出力の適合・不適合は必ずご相談下さい。

使用方法

1.送信機 … 有線トリガ出力コネクタと、接続機器のトリガ入力コネクタを正しく確実に接続します。
         接続機器が複数台の場合は、市販の中継アダプタ等を接続して分岐してください。
 受信機 … 同様に、接続機器のトリガ入力コネクタを正しく確実に接続します。
2.送信機 … 電源をONにします。電源表示灯が緑色に点灯します。
  受信機 … トリガケーブルを接続機器に接続すると自動的にPOWERランプが緑色に点灯します。
        使用しない時は必ずトリガケーブルを抜いて下さい。
3.有線トリガ出力の信号は、[SELECT]ボタンを操作してTTL正論理/TTL負論理/接点を選択します。
4.接続機器をトリガ計測開始状態に設定します。
5.[START]ボタンを押すと、トリガ信号が出力されて接続機器の計測が開始されます。
●送信機は必ず受信機の受光面が見える位置で操作して下さい。
  受信機が正常動作する(送信機から信号を受け取り、トリガ出力が行われる)と[OUT]ランプが点灯します。
●電池交換(送信機) … 背面パネルを開けて行います。
  電池交換(受信機) … 背面のネジを外し、背面パネルを開けて行います。

ラインナップに戻る

Page Top