製品情報

有線タイプ

接点とTTLの信号を同時に出力する有線タイプのトリガボックスです。

システム構成図

有線タイプ

仕様表

型式 TRC-T
トリガ出力 1系統2配分
 a.TTL出力 ・・・ 正論理/負論理(SWによる切替)
 b.接点出力
出力コネクタ BNCコネクタ
使用温度範囲 0~50℃
電源 単3形乾電池 × 2本
連続動作時間 24時間以上 (トリガ出力1回/1分)
外形寸法 69.5(W)×92.0(D)×28.4(H)mm (突起部含まず)

備考

【使用方法】

  1. 本器のトリガ出力コネクタと、接続機器のトリガ入力コネクタを正しく確実に接続します。
    接続機器が複数台の場合は、市販の中継アダプタ等を接続して分岐してください。
  2. 本器の電源をONにします。電源表示灯が緑色に点灯します。
  3. TTL信号を出力する場合は、[SELECT]ボタンで正論理/負論理を選択します。
  4. 接続機器をトリガ計測開始状態に設定します。
  5. [START]ボタンを押すと、トリガ信号が出力されて接続機器の計測が開始されます。

 

  • 電池交換(送信機) … 背面パネルを開けて行います。