製品情報

BASYS Balance Adjustment System 重心動揺計 医療機器認可

新しい姿勢調節リハビリテーション装置          歩きたいをかなえます! 

リアルタイムに検知した立位姿勢時の重心動揺を
本人の知覚にのぼらないレベルで
「増幅/減衰」させる

ことで、立位姿勢調整における随意調節と反射調節のバランスを潜在的かつ合目的に調整する姿勢リハビリ用プラットフォームです。

装置によって生じる床面の動揺は明確に実施者本人の知覚にのぼらない程度ごく僅か(重心動揺量の5~15%)なレベルです。

本装置は重心動揺計として医療機器に認可されています。

医療機器承認番号 26XB3X10012000001

診療報酬 ・重心動揺検査 250点 ・パワーベクトル分析 200点

重心動揺検査時に診療報酬請求が可能です。

 

本製品は「京都府中小企業優秀技術賞」を受賞しました。
詳細はコチラ

京都中小企業優秀技術省

特徴

立位姿勢調節を最適化させる2つのモード

BASYSは全く新しい姿勢調節リハビリテーション装置です。
本来、人が自然に立位する柔軟な姿勢に対して、装置が持つ2つのアプローチで随意調節と反射調節のバランスを調節する機能があります。

装置は使用者の姿勢バランス(重心動揺)をリアルタイムに計測し、プレートを自動的に前後させることで2つのアプローチを実現させます。
ただし、前後させるのは重心動揺量の5~15%に抑えた量のみです。それにより、本人が知覚にのぼらないレベル(ただ立っているだけ)での調節が行われます。

アプローチ1:Anti-phase mode(アンチフェーズモード)

重心動揺と逆方向にプレートが動く事で揺れを増幅する動きをします。

アプローチ2:In-Phase mode(インフェーズモード)

In-phase modeは重心動揺と同方向にプレートが動く事で揺れを減衰する動きをします。

重心動揺計測

装置とパソコンをUSBケーブルでつなげるだけで、簡単に重心動揺計測が行えます。
2つのモードを使用中においても計測出来ますが、モードをOFF(静止)することも可能なので、一般的な重心動揺計としてもご利用可能です。

計測より即座に解析が行われ、
CoPの軌跡長や移動速度、FFTによるパワースペクトル分析などの結果をシンプルで分かりやすく表示します。

シンプルな操作方法

準備は比較的フラットな床面に設置、コンセントを挿して電源を投入するだけです。 
基本的な動作(スタート/ストップ・モードの切替)はリモコンから行うなど、利用者の使いやすい設計になっています。

 

※コンセントは装置の安定した動作・計測を実現するために3P(アース接続)をしていただく必要があります。

仕様表

製品名 BASYS
型式名 MPF-5050B
位相切換 同位相 (In-Phase) 及び反位相 (Anti-Phase)
床面プレート移動量 最大 ±70mm(CoP の移動量に対し 5・10・15%の切換)
床面プレート移動速度(最大) 5cm / sec(CoP の移動に比例)
動作時間(1 回) 30、60、90sec の切替
床面プレート寸法 500mm×500mm
定格荷重 1kN(100kgf)
電源 AC100V( 約0.9kVA)
重量 約40kg
外形寸法 638×708×181( 手摺り込みの場合 1023) mm ( 突起部含まず )
付属品 本体、リモコン、電源ケーブル (2m)、トリガ出力用 BNC ケーブル (1.5m)
オプション品 重心動揺データ計測用ソフトウェア (Windows7 対応 )…インストーラ CD、取扱説明書、USB ケーブル (1.8m)