製品情報

DLR1200 PCMemoryRecoeder

簡単接続・多CH高速サンプリング・多様なアプリケーションを備えたA/D変換器

 

ひずみゲージ式センサ・熱電対温度など

様々なアナログ現象を12CH/台(最大96CH/8台が1台のPCで接続可能)で同時計測

USBに接続するだけでパソコンがデータロガーに変身

カスケード接続で最大96CHの計測システムを構築

野外計測にも適したポータブルなコストパフォーマンス・モデル

製品名 PCメモリレコーダ
型式名 DLR1200
チャンネル数 12CH(最大96CH/8台)
分解能 16bit
入力レンジ ±10V
入力抵抗 約1MΩ
入力方式 シングルエンド
変換精度 ±0.2%/FS
サンプリング周波数

最大10KHz

※PC処理速度により制限される場合があります。

同時サンプリング 同時
外部スタート&プリトリガ

正/負論理TTL信号・接点信号

制御用デジタル信号

接点入力2点・接点出力2点(拡張ユニットより)

※制御機器のインターロック等はご相談下さい。

インターフェイス USB2.0
使用温度範囲 0~50℃ 20~85%RH以下(結露無きこと)
電源と消費電流

DC5V 約300mA(USBポートから供給・補助電源入力コネクタ有り)

※複数台接続時は、セルフパワーモードのUSBハブをお使いください

外形寸法 228(W)×110(D)×50(H)mm
OSと基本ソフトウェア動作環境

Windows7・10 32・64bit

メモリ4GB以上・CPUはIntrl Corei3以上を推奨